賃貸マンションで行こう!

いよいよ新居へ!

いよいよ新居へ!

賃貸マンション選びもいよいよ終わりへ!

長い賃貸マンションの住居探しも、いよいよこの引越し作業で終わりを告げます。もう少しで賃貸マンションへの引越しが終わるので、喜びもあるでしょうが、まだ気を抜いてはいけません。もう少しがんばってみましょう!
賃貸マンションの新居へ運び入れるダンボールに、中身や運ぶ先、通し番号を書いておくと便利です。分かりやすい表記があると引越作業にかかわる人は狭い賃貸マンション内でも迷わず動くことができます。 またすべてのダンボールに通し番号を書いておけば、ダンボールが全部で何個あるのかが把握できる利点があります。モニターで数を確認するのも有りです。

賃貸マンションの新居へ運び込んだすべての荷物がそろっているかその場で確認してみましょう。賃貸マンションの新居への一番大切な作業は、荷物がすべてそろっているかの確認です。 搬入する際、ダンボールに書いておいた通し番号を読み上げてから運び入れてもらうようにしておいて、読み上げられた番号を紙に書いてチェックしていきましょう。 運び込まれた荷物の数字をチェックしていくと、どの荷物がないかその場で確認することができます。賃貸マンションへの搬入作業の合間にも荷物の確認をして、荷物が紛失していたり破損があった場合はその場ですぐに告げるのが一番よいのですが、後からわかることもしばしばです。そういった場合はできるだけ早く連絡しましょう。
賃貸マンションへの新居への荷物の搬入が完了すると、引越会社の人に確認書のサインを求められます。 この確認書は「荷物がすべてそろっています」という意思表示なので、最後にもう一度なくなっている物がないか、ガラス製の家具や鏡が割れたりしていないか気になる点を再確認しサインしましょう。大変ではあるでしょうが、その後のトラブルが無いとも限りませんので、極力確認作業は引越会社の人と行いましょう。その後、引越代金を支払うことになります。 支払方法は、現金と振込のふた通りがあります。振込の場合は振込用紙や振込先の書類を渡されるので無くさない様にしてください。指定された期限までに支払うのは原則ですが、引越後は何かと忙しくなるため、その日のうちに支払を済ませておいてください。現金でも振込でも、支払が終わったら領収書は忘れずに発行してもらってください。

また、今までお世話になった旧居のご近所、知人。賃貸マンションなどからの引越なら、大家さんや管理人さんなどへの挨拶はしておいてください。引越当日は何かとバタつくので前日までに済ませておくと良いかもしれません。 賃貸マンションなどの場合は大家さんや管理人さんへの挨拶のときに、新しい賃貸マンションへの引越当日の部屋の明け渡しや鍵の返却の段取りについて、改めて確認しておきます。 ご近所への挨拶では引越当日、荷物の搬出入などでなにかと迷惑をかけることをあらかじめお話をしておきます。また、新しい賃貸マンションでの新居の大家さん、管理人さん、両隣りや上下階の住人の方に挨拶をします。 その際は「隣に越してきました、○○です」といった言葉だけで十分です。一緒に何か渡したい場合は、500円〜1000円程度の物であればお互いに負担にならずよいかも知れません。 食品は好みや消費期限があるので避けたほうが無難です。洗剤やタオル、ハンカチセットなどの日用品を選んだ方が喜ばれるかも知れません。

Favorite

太陽光発電の見積もりを行う

Last update:2017/10/25